We curated a group exhibition at FCCJ (Foreign Correspondents’ Club of Japan) called “Year of the Dog.”

In the Chinese zodiac, 2018 is the brown earth dog. This happens once every 60 years and it is anticipated that 2018 will be a time of ACTION!!!! The forecast is that it will overall be a good year, but also an exhausting one. Expect to be happy, yet frustrated, rested, yet tired, cheerful, yet dull. In celebration of the new year and man’s best friend, we invited the following artists to make an image for January 2018 exhibition at FCCJ. 

FCCJ(日本外国特派員協会)にての展示会「YEAR OF THE DOG」のキュレーションをいたしました。

「戊」には、これまでに蓄えてきたエネルギーや機運などが充実期を迎えたという意味があるそうです。そして、60年に一度の戊戌(つちのえいぬ)の年は、その蓄えを生かした新しい動きが生まれる年なのだということ。そんな変化の年にふさわしい2018年1月の展示会ですので、今まで実施したことがなかったグループ展を企画させていただきました。日本のアーティストに加えて海外のアーティストにも参加していただき、戊戌の年に因んだ犬のイラストレーションの展示会です。一年が前向きな変化の年となりますようにという願いを込めた展示会です。どうぞ楽しんでください。本企画には、以下のみなさまが参加して下さいます。

みなさまの協力があって本展覧会が実現いたしました事を感謝いたします。

Hajime Anzai, Boojil, Aiko Fukawa, Yusuke Hanai, Jean Jullien, Susumu Kamijo, Jun Kaneko, Naomi Kazama, Town Run, Kei Mogari, Stacey Rozich, Sander Studio, Niya Niya Studio, Sanae Sugimoto, Margherita Urbani, Yamyam, Kanta Yokoyama



Illustration by NIYA NIYA STUDIO